相棒は柴犬さん *おひとり様とワンの外遊び

自然大好き!休日はオンナひとりとワンいっぴきでお外へLet's go!
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOPスポンサー広告 ≫ 初めての登山旅行 ~屋久島の動物たち編~TOP鹿児島県 ≫ 初めての登山旅行 ~屋久島の動物たち編~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

初めての登山旅行 ~屋久島の動物たち編~

ど~も☆








縄文杉との対面を果たし
次に向かうは昼食をとるための山小屋。





相棒は柴犬さん





2階建てのまだまだ新しい小屋には
水場も電気も何もないけど
新しいだけあって快適な感じ。


ガイドさんの話によると
とある会社の社長さんが建て直す前の小屋を利用した際に
あまりの汚さに「オレが金だすから新しくしろ~」となったらしく
資金提供を受けて有名な建築家が設計して建てたんだって。


実は翌日に別の山小屋を見たんだけど・・・
お世辞にもキレイとは言えず・・・
快適そうにも見えず・・・


ゴメンナサイ。 泊まるには勇気がいる感じがしました ( ̄∇ ̄;)


ガイドさんいわく
屋久島の山小屋はだいたいこんな感じだそーで。
この新しい山小屋もいっぱいになれば入れないから
縦走して行かれる方はそれなりの
覚悟と準備が必要なんでしょーねー


さて。
こちらで靴もレインウェアーも脱いで
リラックスムードの中お弁当をいただきます。
朝食は緊張感とか、とあるハプニングの影響で(笑)
あまり食事が喉を通らなかったけんど
お昼は半日歩いた後ってこともあり食欲爆発 (*^m^*)
すっかり平らげましたぁ~


そして下山となります。
ガイドさんからのアドバイスでレインウェアーの上下を着込んで出発。
前回の記事でも書いたけど雨の屋久島は本当に神秘的。





相棒は柴犬さん (2)





木々や苔に水が染み渡り
緑がさらに深みを増して
生き生きとしとる。





相棒は柴犬さん (3)





ワタクシ、晴れの山しか登ったことないヘタレヤローなんでございますが
雨の屋久島は別格! 
はい。 他の雨の山は知らなくても言い切るんですっ!
雨の屋久島。 サイコ~~~ (^○^)


って言ってたら・・・
晴れてきた (^_^;)
徐々に雨が弱くなり
ウィルソン株ぐらいまで戻ってきたら
すっかり雨具はいらないほどに。





相棒は柴犬さん (4)





すると今度は日差しが雫に反射してキラキラ光る。
これまたすっごくキレイ (*゚▽゚*)





相棒は柴犬さん (4)





マジですべてが美しかぁな屋久島 (o^-^o)



トロッコ道まで戻ってくると
すっかり青空で





相棒は柴犬さん (5)





屋久猿さんたちも
のんび~りお食事タイム?





相棒は柴犬さん (6)





そぉ言えばこの山行で
何回か遭遇した屋久鹿さんたち。





相棒は柴犬さん (7)





これでもオトナだけど
バンビのように小さくて可愛らしい (* ̄∇ ̄*)
北海道のエゾシカや奈良の鹿と比べると
まるで子供のよーですよ。


ちなみに。
鹿さんたちは結構至近距離までやってくるけど
あくまで自分たちでエサを探してるだけで
変な近づき方はしてきません。


ガイドさんとも話したけど
日光の猿や奈良の鹿のように餌付けをしてしまうと
人間にもそして動物にとっても不幸なだけのような気がします。
上手に共存する。
そんな姿も屋久島で見たような気がしました。


さてそんなこんなで
長い長いトロッコ道も歩き通し
遂に登山口まで戻ってきた。





相棒は柴犬さん (8)





およそ11時間半の山行。
無事に終了です。


雨。 ガス。 晴れ。
いろんな姿を見せてくれた縄文杉登山。
ワタクシ、どっぷり魅せられました (*゚▽゚*)


あ~ いい山だった♪
と思えた素晴らしい体験でした!!!









来てくれてありがとう o(*^▽^*)o~♪
素晴らしき山にピコっとな
↓  ↓  ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 犬連れ・猫連れキャンプへ
にほんブログ村



登山・キャンプ ブログランキングへ


☆あとがき☆
この登山でもうひとつ感動したこと。
それはゴミひとつ落ちてないこと。
いつも登る山には(特に山頂には)必ずといっていいほどゴミがある。
どこまでも美しい山でした。




スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。