相棒は柴犬さん *おひとり様とワンの外遊び

自然大好き!休日はオンナひとりとワンいっぴきでお外へLet's go!
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 最期の、その時TOPなんてことない日々 ≫ 最期の、その時

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

最期の、その時

ど~も☆






しばらく前のことだけんど
読売新聞に『ペット葬』のことが書かれておった。


   *内容が内容なだけに本日は写真はありません


人間の世界でもメディアを通して耳にする葬儀のこと。
生前に葬儀の契約したりだとか
お墓を探したりとかね。
これも全部『残された人がそのときに慌てないため』とか
なんだと思うんだけど
ペットの場合も、、、然り、、、だよね、きっと。


ワタクシ柴吉さんの前にも
ワンと一緒に暮らしていたことがあるのだが
もうずいぶん前の話。
だからおそらくペット葬の世界も大きく変わっておって
知らないことも多かろう。


その記事によると
今は専門業者も多いらしく
大きく分けて
他のペットと一緒に行う『合同火葬』と
個別に行う『個別火葬』があるらしい。


合同火葬は合同なだけに
お骨は飼い主さんの元へは戻ってはこないけど
個別火葬になるとお骨が戻ってくる他にも
業者さんによっては
その場に立ち合うことができたり
セレモニーホールのようなところで
最期のお別れができたりするんだって。


まだまだ利用者の半分が合同火葬らしいが
お値段の方も個別タイプになってくるほど高くなり
平均費用は2~3万ぐらいとのこと。
  合同で1万ぐらいから
  個別で2万ぐらいから
  立ち合いで4万ぐらいから (体重により料金が変わる)


自治体によっては有料で引き取ってくれるらしいが
それって・・・なんか寂しいよね。
家族の一員だもん。
ゴミ扱いされるなんて悲しすぎる。
やっぱりきちんとお見送りしたいじゃん。


こんなワンの最期のこと。
本当は考えたくはないし
そもそもいつも元気ハツラツゥ~な姿ばかりを見てるので
普段はそんなことを考えることもない。


ほいでもいくら長生きとなったワンコでも
20年以内には別れがやってくる。
そのときにアワアワしないよーに
やっぱし考えておくべきなのだろーか?


愛犬の最後を看取った方から聞いた話なんだけど
ある日、なんとなくペット葬のことをネットで調べてたんだって。
ワンコはもう老犬だったので
いつお迎えがきてもおかしくはなかったみたいなんだけど
ふと我に返り「いかん、いかん。縁起でもない」と思ったそう。
それでもなぜかまた調べ始めたらしく
最終的に自分がお願いしてみたいと思う業者さんを見つけたんだって。
そしたら、その数日後に・・・


その方がおっしゃったのは
「きっと私が慌てないように教えてくれてたんだ」と。


ワンは賢いからね。
飼い主さんを愛してるからね。
そっと教えてくれたんだね。


残念なことに悪質な業者もいることも事実。
愛するワンを亡くして打ちひしがれているところに
そんな悪いヤツに引っかかったらもう最悪。
そんなことを考えるとやっぱり
何かしらの準備をしておくべきなのだろうか?


考えたくはないけど
考えなくてはいけない時は必ずやってくる。
そのための準備をするか否か。
ちょっと考えてしまいます。









来てくれてありがとう o(*^▽^*)o~♪
こげな内容だったけど、できればピコっとよろぴこ
↓  ↓  ↓


にほんブログ村 アウトドアブログ 犬連れ・猫連れキャンプへ
にほんブログ村



登山・キャンプ ブログランキングへ


☆あとがき☆
ペットロス。
乗り越えるの・・・時間がかかりそう




スポンサーサイト

Comment

No title
編集
最愛の者を亡くす事、考えたくはないけど、活ける者である以上
遅かれ早かれ必ず訪れます。
先代の柴男が亡くなった時、家族一同失意のどん底でしたが、
掛かり付けの獣医さんがペット葬を行っているお寺の事を教えてくれました。
正直、あまり物事考えられる気分じゃなかったですが、
個別葬をやって貰いお経も挙げてもらいました。
彼が私達家族に残してくれた物を噛み締め、辛いけど有る程度心の区切りになりました。
人間の家族が亡くなってもそうだと思いますが、自分らと家族であった事を
故人(犬・猫)は良かったと思ってくれただろうか?
そんな事も想いますが、生きていた証は確実に心の中にあります。

各々家庭の事情もありますし、別に死んでしまったペットを公的な所で
処分する人を否定はしませんが、
私はお葬式やって挙げれてよかったです。
柄にも無く、お固いお話でした。
ま、生きてるウチに目一杯遊んで可愛がってやりましょう!

最後に強いて心残りなのが、初代柴男の写真が40枚くらいしか残してなかったのが、
残念っちゃあ残念です。(もっとカワええイケメンな遺影がね)
2014年01月23日(Thu) 15:14
ぽんちーさんへ
編集
ぽんちーさんのコメントを読んでちょっと反省。
そーだよねー
それぞれ理由があるから公共機関に引き取ってもらうことが
一概に可哀想とは言っちゃいけないよね。
そう思ってしまったのは
あのゴミ回収車をイメージしてしまったからなんだけど
まさかあんな感じじゃないとは思うので
飼い主自身が納得できる形であれば
いいのかもしれませんもんね。

はい、今、目の前にある命を大切に
一緒に楽しく過ごしていきたいですね (*^-^*)



2014年01月23日(Thu) 17:30
No title
編集
ぽんちーさんの「生きてるウチに目一杯遊んで可愛がってやりましょう! 」
これに尽きると思います。

テツ、次の休みはなにしよっか?
2014年01月24日(Fri) 11:20
柴犬テツ父さんへ
編集
本当にそうですね~

でも「オマエさんは本当にかわいいねぇ♪」ってスリスリすると
100%ムキられますけど・・・( ̄ェ ̄;)

これは気にするべきでない???
2014年01月24日(Fri) 17:21
No title
編集
たぶん度が過ぎてしつこすぎるんだと思う(笑)
2014年01月25日(Sat) 10:06
柴犬テツ父さんへ
編集
そげなことはない・・・ハズ? (^_^;)

このワタクシのたっぷりの愛情を~

って、このことか?(笑)
2014年01月25日(Sat) 21:25
No title
編集
あたりまえ〜 あたりまえ〜 あたりまえワンコ
しばいぬつかんでスリスリすると〜
ムキッ!
あたりまえわんこ〜
2014年01月26日(Sun) 13:46
ぽんちーさんへ
編集
そして
しつこくするとガブられる。
あたり・・・まえ???
2014年01月26日(Sun) 20:18












非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。