相棒は柴犬さん *おひとり様とワンの外遊び

自然大好き!休日はオンナひとりとワンいっぴきでお外へLet's go!
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ 「死ぬのが怖いから飼わないなんて言わないで」TOPなんてことない日々 ≫ 「死ぬのが怖いから飼わないなんて言わないで」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

「死ぬのが怖いから飼わないなんて言わないで」

ど~も☆










マイキャンプの必需品。
それは本。





DSC09295.jpg





日向ぼっこしながら
夏風に吹かれながら



お茶をお供にのんびり読書。



思い出しただけで
すぐキャンプに行きたくなるわーーー ε=ε=ε=ε=ε=(o゚ー゚)o



って、今日はそんなお話じゃなくて
今、読んでいる本のお話。





DSC00624.jpg





まっ、まさに、あたいのこと!?

       同じ境遇の人はたまんといると思うけど 笑



漫画家である作者が、愛犬であるゴールデンとの日々を
綴っているエッセイなのですが
その中で、ペットフードの企業広告の中で使用された
児島令子さんというコピーライターの方のコピーを紹介されています。



それを今度はワタクシめが、ここで紹介させていただきたいと思います。





「死ぬのが怖いから飼わないなんて、言わないで欲しい。

おうちを汚すから飼わないというなら
犬はお行儀を身につけることができる。

留守がちだから飼わないというなら
犬はけなげにも、孤独と向き合おうと努力するかもしれない。
貧乏だから飼わないというなら
犬はきっといっしょに貧乏を楽しんでくれる。

だけど・・・ 死ぬのが怖いからって言われたら
犬はもうお手上げだ。
すべての犬は、永遠じゃない。
いつかはいなくなる。
でも、それまでは、すごく生きている。
すごく生きているよ。

たぶん今日も、日本中の犬たちはすごく生きていて
飼い主たちは、大変であつくるしくって
幸せな時間を共有してるはず。

飼いたいけど飼わないという人がいたら、伝えてほしい。
犬たちは、あなたを悲しませるためにやっては来ない。
あなたを微笑ませるためだけにやって来るのだと。
どこかの神様から、ムクムクしたあったかい命を預かってみるのは
人に与えられた、素朴であって高尚な楽しみでありますよと。」






あなたと愛犬の生活はどおですか?



ワンコが飼い主さんを微笑ませるだけじゃなくて
飼い主さんもワンコを微笑ませる
そんな幸せな日々を送りたいですね (o^-^o)










ご訪問ありがとうございます o(*^▽^*)o~♪
応援のクリックお願いしま~す♪
↓  ↓  ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 犬連れ・猫連れキャンプへ
にほんブログ村


☆あとがき☆
この本のあとがきに
「ところで、最後にひとこと言っておきますが
『おひとりさま』は、いつまでもおひとりさまでいるつもりはありません。
いつか『おふたりさま、犬をかう』になるべく、只今絶賛婚活中!?
こりき(作者の愛犬)のパパ、大募集中ですので、そこんとこよろしく!!」とあります。

私のブログも「相棒は柴犬さんと、そのパパ *おふたりさまとワンの外遊び」
と、なる日が来るのでしょうか!?

      来なそーーーー (((((¬_¬)

スポンサーサイト

Comment

編集
あたしも、前に見かけてこの本気になってました。
読んでみよー。
2012年12月21日(Fri) 17:00
Re: タイトルなし
編集
> みきさん

ぜひ!

タイトルに食い付いて読んじゃいました(笑)
2012年12月21日(Fri) 23:24
編集
素敵な言葉だな~って感動しちゃいました
私も早速この本を読んでみようとおもいました
いい本を紹介してくれてありがとう^^
2012年12月23日(Sun) 12:29
Re: タイトルなし
編集
> ここはまあさん

作者である漫画家さんのバイタリティには
脱帽するエッセイですよ~

最後にはあのような素敵な言葉が綴られているけど
どっちかっていうと、ワンコとのドタバタ生活日記という感じの内容です(笑)

ぜひ、読んでみてください (*^▽^*)
2012年12月23日(Sun) 22:56












非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。