相棒は柴犬さん *おひとり様とワンの外遊び

自然大好き!休日はオンナひとりとワンいっぴきでお外へLet's go!
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOPスポンサー広告 ≫ キャンプの予定でしたが・・・TOPなんてことない日々 ≫ キャンプの予定でしたが・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

キャンプの予定でしたが・・・

ど~も☆











タイトルどおりキャンプに行こうと思っておりましたが・・・


やめました。


先日の大雨で大きな被害を受けた茨城県。
詳しいことは言えませんが
身近なことでとてもキャンプに行くという感じではなく・・・


テレビを通して見た方も多いと思うけど
柴犬らしきワンコをそれぞれ抱えて
屋根の上で救助を待つご夫婦。


もし「犬は連れて行けません」と言われたら・・・
ワンコが屋根の上に取り残されたら・・・
と思うとどーしーよもない気持ちになりました。


幸い、自衛隊の方に大事に抱えられて
引き上げられた姿を見てひと安心。
でも避難所ではワンコを自宅に置いてきたことを
とても心配してる飼い主の方がいたり
一緒に逃げてきたものの、ワンコは避難所に入れず
大変な思いをしてるとのお話も聞く。


他人事ではない災害。
他人事ではないワンコとの避難。
他人事ではない避難後のワンコとの生活。



また考えさせられた週末でした。







にほんブログ村 アウトドアブログ 犬連れ・猫連れキャンプへ
にほんブログ村



登山・キャンプ ブログランキングへ


☆あとがき☆
ワンコと生活してる方。
愛犬との避難のこと、どんな風に考えてますか?
スポンサーサイト

Comment

No title
編集
今回の災害で柴犬が御夫婦によって一緒に助け出されたのにはほっとしたのと、よくぞ一緒に逃げてくださった!という思いがありました。
うちはもしも避難ってなって車で避難できるなら、車の中で生活することになるでしょうね。
避難所にははいれないところが多いですもんね。
どこかの避難所でペットが一緒の家族だけの部屋を提供されてたところもありましたが、まだまだ少ないでしょうからね。

キャンプって川の近くが多いからりんこさん気をつけてくださいね!
2015年09月13日(Sun) 23:49
編集
今回や口永良部島噴火の際にも、愛犬と一緒に避難する様子が放送されていましたね
ワンコも避難できて良かった!という気持ちと、避難できなかった仔もたくさんいることを思うと胸が痛いですよね

災害における避難・・・しっかりと考えないといけないけど、正直きちんと考えたことがないです

首都圏直下地震の心配もあるし・・・
まずは、バリケンの購入とトレーニング、ワンコ用の防災バックの準備はしないと!と思っています
2015年09月15日(Tue) 19:10
はなママさんへ
編集
はなママさんもあの映像を見て同じ気持ちだったのですね。
昨日だったかな? ニュースでみた映像だけど
ある家族が水が引けた自宅に戻ったら
自宅のケージの中に入れていた猫は助かったけど
軽トラの荷台につないでおいたワンコが・・・ 泥まみれで亡くなってました。
水はそのご家族の想像を超える高さまできたことが原因だったようですが
どうして連れて逃げてくれなかったのだろうかと思ってしまいました。
確かにワン連れ避難は大変なことが多いし
おそらく外飼いだったから、そのまま外に置いてきたのだと思うけど
せめて猫と同じ空間にいさせてもらえれば・・・と。
ワンコの姿を見たご家族の反応は私には意外なものだったですが
もし自分だったらと置き換えると泣き崩れて後悔してもしきれないと思います。

まだまだワン連れ避難は確立されていないですし
子供の数よりペットの数のほうが多い時代。
また家族の一員として暮らしてる方が圧倒的だと思うので
もう少し自治体の方には考えてほしいなと思います。
2015年09月15日(Tue) 22:03
もちちさんへ
編集
災害がおきると愛犬家には胸が締め付けられる映像を見ることが多いですよね。
特にワンコの場合は繋がれてるケースが多く
自分で逃げられない状態だったりするので
なおさら心が痛いです。

東日本大震災をきっかけに非常用袋の中に
柴吉さんのものも入れるようになりました。

首都直下型地震はいつきてもおかしくないと言われてるから
お互い自分で出来る範囲の準備はしていきたいですよね!
2015年09月15日(Tue) 22:09












非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。